トップ

葬儀の基本のマナーを覚えよう

葬儀の服装マナーとは

遺族側

葬儀へは平服でも構わない

葬儀は、お通夜、告別式とも黒の喪服と相場は決まっています。特に、告別式は参列するまでに十分時間があることもあるので、平服は避け、喪服というのがエチケットと言えます。しかし、葬儀でも平服が許されないわけではありません。仕事の関係で出張していたとか、旅先から戻ったばかりというときは、服装は何でも許されます。もちろん、参列している人たちから見られる目は意識せざるを得ませんが、だからといって弔問を遠慮してしまうよりは、参列する方がいいのです。亡くなった方のご冥福をその場で祈ることが、何よりの供養になるからです。

平服で葬式に参加する

突然、友人や知り合いの方の忌中を知らされ、仕事服や平服のまま駆けつけるといった方は少なくありません。お休みの時ならまだしも、仕事先から急いで駆け付ける場合、普段着のままお葬儀に参加して良いか迷ってしまう人も多いことでしょう。本葬であるお葬儀はやはり黒服に身を包み喪に服した方が良いですが、一般的に夜に行われるお通夜に関していえば、平服でもそれほど厳しい目では見られません。あまりにも派手すぎる格好では少し白い目で見られてしまう可能性もありますが、ベージュからブラック系の服装であれば失礼にはあたりません。

↑PAGE TOP